山形の冬を考えた設計デザイン

山形にとって雪は切っても切り離せない存在です。
平吹設計では、1年の3分の1にもなる山形の冬を考えた設計デザインをします。

想定以上の雪が降っても、いつも通り過ごせる安全な建物設計。
屋根からの落雪があっても、問題の起きない外構配置。
駐車場から歩いて建物に入るまで、転倒事故を起こさないような設計と舗装材料選定。
雪かき作業をした時の排雪動線を考えた建物配置。

どんなに雪が降っても、いつもの毎日が過ごせるように。
山形で長く続く平吹設計だからこそのノウハウで、お客様のビジネスを守ります。

 

6283.jpg