お客様のさらにお客様まで想いの届くイメージ造りを

建築業界に携わっていないかたでも、どんな建物ができるのかイメージを持っていただくために作る完成予想図が「パース絵」というものです。


昔は一枚の絵でしたが、現在はデジタル化が進み、画面の中で室内を見学しているのかのように360度見ることができるような技術も発展してきました。
平吹設計もこの技術に取り組んでおります。

この技術を使うと、これまで以上にお客様の完成後の「こうなるとは思っていなかった」を防ぐことができることはもちろん、お客様のさらにお客様までより詳細なイメージを届けることができます。


例えば、建物が完成する前にご入居希望者様に対してWEB見学会を開くような。
そんな使い方もできる技術です。