工事の遅れや欠陥をチェック「監理」の役割

設計事務所では一般には見慣れない「監理」という役割があります。
「管理」と「監督」と一緒にした役割なので「監理」という言葉になったと言われています。

注文住宅でよく聞くアドバイスとして、「ちょこちょこ建築現場に行って大工さんが手抜き工事をしていないかチェックなさい」というものがありますよね?
しかし多くの人は建築に対する知識が無いため、実際に現場を見てもそれが本当に正しく行われているのか、チェックすることは大変です。
それを第三者のプロの目で、本当に設計図通りに作業されているのか、工程表通りに作業されているのかなどをチェックする。
これが「監理」の仕事です。

「監理」を入れることで、設計図面通りの安全性能や快適性が担保されるだけでは無く、予算オーバーのリスクや工期の遅れによるビジネスの機会損失を防ぐことができます。
平吹設計は「自社内で管理を行うよりもスムーズに現場が進む」と建設業界内でも評判をいただくほど、この業務の定評があります。